2012/03/25

イヌノフグリ(野川公園)

イヌノフグリが咲いていたよ。結局、1年ぶりの更新…。

120325100607
(2012年03月25日)

とにかく今年の冬は寒い。ついでに春の訪れも遅れ、ようやく梅が満開になり始めている自宅周辺。
この日は、天気はいいけど途中で雲が出たりと妙な天気。それでも、今までの寒さから解放され、体的には暖かい感じ。自転車で出撃したら、結構汗をかいたけど。

その出撃先は、野川公園。
野草観察園の前の野川の脇にはオオイヌノフグリがわが世の春を謳歌するとはこのことか…とばかりに大群生。これは、オジサンにはかなりウレシイ。
野草観察園では、キブシ、サンシュユ、ウグイスカグラ、ミスミソウ、アオイスミレなどを観察。セツブンソウ、フクジュソウは終わっていたよ。

ということで、本日の一枚は、このイヌノフグリ。
オオイヌノフグリ全盛の近頃、このイヌノフグリを見かけることはほとんどなく、アッシ的には観察を諦めていたんだけれども、おっとありました~という感じ。気分的には歓喜かも。
花の大きさは、ほんの2mmほど。よ~く見ないと発見もできないほど。それでも、よくよく観察すれば、オオイヌノフグリと花の感じは似ているよね。逆か…。このイヌノフグリがあればこその、オオイヌノフグリなわけだから…。
古い時代の帰化植物と言われているけれども、オオイヌノフグリから見たら、日本古来のものと言ってもいいかも。大事にしたいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/10

フッキソウ(赤塚植物園)

フッキソウが咲いていたよ。フッキソウと共にブログもフッキ…。

110403121806
(2011年04月03日)

何年ぶりの更新なんでしょ。さすがに更新が止まるとアクセス数が大幅に減少。ブログってそういうものなんだよね。確かに本文は書かなかったけど、地道に読んだ本は更新していたんだけど、コンセプト的には花の話だから、本に関心がなければ、アクセスは激減なわけだけど。

で、本題。
この日のお目当ては、カタクリ。毎年の清水山憩いの森は、ボチボチ咲き始めたという感じ。例年より1週間以上は遅いよね。花見の人たちもそれほど多くなく、警備員も手持ち無沙汰。来週に期待かな。

で、そのまま光が丘公園を突き抜けて、赤塚植物園に直行。
ここは、春の花が満載。
目立ったのは、トサミズキ、ミツマタ、シュンラン、ユキヤナギ、各種スミレちゃんたち。
さすがにハクモクレンは終わりかけ。あとスイセンもそろそろ終わり。

ということで、本日の一枚は、フッキソウ。目立つ花ではないけれど、意外にあちこちで見かけるよね。道路の植え込みとか、アッシの記憶では牧野記念庭園にも群生があったような…。ただ、花期が短かくて、写真にゲットする機会が少なかったのが、紹介が遅れた原因かも。

赤塚植物園と言えば、ニリンソウ。こちらは咲き始め。こちらも満開は来週以降と予想。

モバイル環境が変わったので、これからまた花の写真をアップできるように頑張ります~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/14

オニユリ(田中山憩いの森)

オニユリが咲いていたよ。都会の小さな森にひっそりと。

0907121402
(2009年07月12日)

この日は梅雨の晴れ間。たまに狐の嫁入り風の雨が降っていたけど、気温が高く湿度もないので、まったく気にせずに出撃。

最終目的地はいつもの石神井公園だけど、まずは稲荷山図書館へ寄り道してから。石神井公園の野草観察園では、去年から同定できていなかった花の名前がカッコウアザミだったことが判明。これから花の盛りならば嬉しいんだけど。それ以外は目立つ花もなく、最近のココは寂しい感じ。

さらに石神井公園の水辺観察園へ。豊島屋前では去年紹介したハンゲショウが咲き始め。それ以外にはミゾソバなど。その後、ラクウショウの下で読書。湿度がないので、快適。多少、蚊に刺されたけど。

さて、このオニユリ。稲荷山図書館から石神井公園への移動途中で田中山憩いの森に寄り道。目白通り沿いにマンションができるようで、建設予定地が更地になって、今は道路から丸見え状態。
それでも、野草園では、オミナエシ、キキョウ、ノカンゾウが花の盛り。そして、小さな樹林帯に入ると、このオニユリ。こんなところで、オニユリとは…と思うけど、咲いていれば、それまた嬉し。

そういえば、もうユリの季節。西武線では西武園のユリ園が有名だけど、そんなところに行かなくても十分これで楽しめるよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/28

ノウゼンカズラ(善福寺公園)

ノウゼンカズラが咲いていたよ。今年の最高気温を記録した翌日。

0906281401
(2009年06月28日)

天気はどんより、それほど気温も上がらず、気分も乗らない休日。

それでも、この日は目的の花を目指して、善福寺公園に出撃。途中、南田中図書館に寄り道。
話は逸れるけど、この南田中図書館。今年の5月に開館したばかりで、施設も綺麗だし、何より本が綺麗なのがよい。全部新品。結構、石神井図書館とかには、汚い本があったしなぁ~。その石神井図書館は改築中だけど。
で、また中島義道を借りてしまった。何だかこの人の本て、麻薬的。フラフラと借りてしまう。

さて、善福寺公園への出撃の話。そう、目的はノウゼンカズラ。今の季節、途中でいくらでも見つかるよね。
そう、先週も本を読みに善福寺公園に久しぶりに立ち寄って見つけたのが、このノウゼンカズラ。この所、花の写真への意欲が落ちていたけど、このノウゼンカズラを見て、また意欲が湧いてきた。この時はデジカメ持参せずだったので、撮影できず。で、リベンジっていうわけ。

オレンジの花が夏の空に映えるっていうのが、この花のシチュエーションなんだろうけど、ちょっと曇り空は残念。それでも、池のほとりに咲くノウゼンカズラってあまり見かけないかも。写真をよ~く見てもらえば分かるんだけど、ボートが写っているよ。

また、季節の花の追っかけに精を出そうかなぁ~。でも、暑くなるしなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/22

アカバナミツマタ(北の丸公園)

アカバナミツマタが咲いていたよ。東京でサクラ開花宣言があった日。

0903210827
(2009年03月21日)

この日は平年より7日早く東京でサクラの開花宣言。標準木は靖国神社らしいけど、アッシのいつもの通勤コースにある田安門前の歩道橋付近では花が開く直前のものがほとんど。ちょっと早いんじゃないか?というのがアッシ的な思いなんだけど。

さて、そんなサクラを横目にいつものように田安門から北の丸公園。お目当てはハクモクレン。2日前に観察した時はもうそろそろ終わりかけだったので、この日に観察しないともうダメかもと思っていたけど、案の定…。前日の雨と風で撮影に耐えられる状態ではなくなっていた…。ケッ、残念。

それでも、北の丸公園は春の花が咲き出している。田安門を入ったところでは、スイセンが各種。中央の林の中は、ショカッサイ、ヒメオドリコソウ、ムラサキケマンなどが花の盛り。いい感じ~。

そして、このアカバナミツマタ。普通のミツマタはあちこちで見るけれども、このアカバナは植物園風の場所でないと見られないかも。何年も北の丸公園に通い続けて、この時期は何度も撮影に挑戦しているんだけれども、意外に撮影が難しい。で、やっと公開に耐える撮影に成功。ホントはまだまだ気に入らないんだけど、最近、更新をサボっているし…。

そうそう、林の中はスミレちゃんも各種取り揃えて、春爛漫。そして、いよいよアッシは怒濤の連続出勤モードに突入です~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/16

ノボロギク(石神井公園)

ノボロギクが咲いていたよ。去年より10日も早い春一番が吹いて…。

0902151342
(2009年02月15日)

この日は午前中は曇り。午後から太陽が出始めて暖かくなる。2日前に東京に春一番が吹いて、前日は最高気温が21℃と大型連休の頃の暖かさ。この日もその暖かさを残した感じ。そんな天気を見ながら、お昼過ぎに出撃。

まずは、久しぶりの牧野記念庭園。セツブンソウは終りかけ、観察できるのはクリスマスローズ、リョウガクバイ。ユキワリイチゲは天気のせいでしぼみ気味。残念…。
続いて、石神井公園・野鳥誘致林でマンサク。公園内には他に何本かのマンサクがあるけれども、1本だけ早咲きのものがあり、それが咲いていたよ。
で、石神井公園の豊島屋前ではハンノキとオオイヌノフグリが咲き出して、水辺観察園ではセントウソウ。種類は不明だけど、今年初のスミレちゃん。
場所を変えて、池淵史跡公園。ここは豊島屋前より日当たりがいいのかオオイヌノフグリが大群落。タネツケバナも少々と、いつもの場所でスミレちゃん。
野草観察園に移動して、ヒメオドリコソウとスイセン。スイセンはちょっと変わった八重のもの。

さらに、野球場B地区入口近辺の畑まで移動すると、ここはホトケノザ、オオイヌノフグリ、ナヅナなど。
そして、このノボロギク。年中咲いている花らしいけど、この季節だから目立つのかも。ボロとか言われて少々お気の毒ではあるけれども、それなりに春の雰囲気を醸し出しているような。
そして、よ~く見ると小さいてるてる坊主がたくさんいるようにも見えてきて、なんとも可愛らしい感じもする。

久しぶりの花の紹介。これから一気に春に向かって、花観察も忙しくなるんだろうなぁ~。お仕事も忙しくなるんだけど~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/23

トキワサンザシ(千川上水)

トキワサンザシの実が生っていたよ。花もビッシリだけど、比例して実もビッシリ~。

0812211421
(2008年12月21日)

例年通り、12月は花の少ない時期。サザンカやツバキはあちこちで見るけれども、どうも食指が動かないアッシ。
この時期、15時を過ぎると太陽が夕方モードに入ってしまい、撮影がし難いという環境もあるんだけど。

この日は特に撮影するつもりもなく、まずは吉祥寺図書館に出撃。その後、武蔵野市立中央図書館も廻って、立野公園に寄り道。蝶の里も静かに春を待つ。

で、千川上水に出て、まっすぐ帰るつもりだったけど、石神井西中の前を過ぎた所で、真っ赤な実がたわわに実る木が…。
それが、このトキワサンザシ。一般にはピラカンサというみたい。春には真っ白な小さな花をたくさんつけるのは観察済みだけど、花と同じで実もたくさん。あまりの多さに木がしなっているのではないかと思えるくらい。

よくよく考えてみたら、このトキワサンザシ、千川上水沿いには多いかも。玉川上水からの取水口付近でも観察したことがあるし、この写真の場所から下流にも何本も見られる。しかも、オレンジの実を付けるものもあるし。

今回の紹介は花じゃないけど、ひとまずこのブログを更新できて、ホッとしました~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/28

タカサブロウ(野川公園)

タカサブロウが咲いていたよ。この季節、キク科の花が増えているね。

0809271408
(2008年09月27日)

この日は、珍しく石神井公園にも寄り道せず、野川公園に直行出撃。ヒガンバナが花の盛りと聞いたから。
そう、ヒガンバナといえば、今あちこちで花の盛り。前週、もみじやま憩いの森の前を車で通った時、南斜面はヒガンバナで埋め尽くされていたし。

さて、野川公園。
思ったより花が多いよ。
ママコノシリヌグイ、オトコエシ、ナンバンギゼル、キツリフネ、ツリフネソウ、キバナアキギリ、カリガネソウ、シュウカイドウ、ゲンノショウコetc。

で、アッシの今回のお気に入りは、このタカサブロウ。キク科の花の季節。ちょっと見はハギダメギク?って感じだけど、花弁はそれよりひと回り大きいよ。それでも10mmまでいかないかも。ほとんどの花弁は、2、3個のペアで咲いている感じ。もしかしたら、アメリカタカサブロウかもしれないけど、それは自然観察園の表示を信じるということで。
図鑑では水田や道端に生える雑草という取り扱いだけど、その水田も都心ではほとんどなく、今はこの野川公園で観察しるしかないっていうのは悲しいね。

で、おまけはヒガンバナ。

0809271425
(2008年09月27日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/09

ヤブラン(石神井公園)

ヤブランが咲いていたよ。秋の花が始まりました~。

0809071506
(2008年09月07日)

この日も夕方から雨の予報。いつもの雷雨だろうから、早めの出撃を狙っていたけど、そうもいかず。

まずは石神井公園。豊島屋前ではキツネノマゴが花の盛り。水辺観察園では、スズメウリ。珍しいので撮影を試みたけれども、望遠が届かず断念。ノカンゾウやハグロソウなども観察できるよ。

その後、久しぶりに三宝寺池を周回。南岸から、またもやアオサギ。夢中で追いかけるカメラ爺婆が多数。

で、野草観察園へ。
最近、草ボウボウ気味の野草観察園。シュウカイドウ、オミナエシなど。面白いのがニラ。隣の畑から種子が飛んできたのか。

そこで、このヤブラン。この季節、どこでも咲いているし、アッシも何枚も撮影しているから、珍しいさはないけれども、ピッタリとピントが合った写真は数少なく…。更に言えば、ひとつひとつの小さな花弁がクッキリと開いているのは貴重かも。

以下、余談。
石神井公園の帰り道。田中山憩いの森に寄ってみると…。あらま、ビックリ。目白通り側の建物が無くなっていて、北側が伐採されていた。老人ホームが建つような…。植生に影響はないだろうけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/27

オケラ(赤塚植物園)

オケラが咲いていたよ。8月なのに秋の気配。

0808271415
(2008年08月27日)

このところの東京は秋雨前線のような雨で寒い日が続く。この日も予報では雨だったけど、朝から急に晴れて出撃日和。それでも30度には達しない。

で、ちょっと早いけど秋の花を求めて、お昼から出撃開始。

まずは、いつもの石神井公園。水辺観察園では、ハグロソウが花の盛り。スイレンの咲く池では、アオサギが餌を捕獲中。ちゃんと足を付いて歩いていたから、意外に浅い池みたい。いつもの止り木にはカワセミも。

石神井プールは8月24日から改修工事。新しい施設もできるみたい。池淵史跡公園への影響が心配だけど。
となりの野草観察園では、タムラソウ、ミゾハギなどがボチボチ。以前と比べて荒れ気味になっているのが気になる。石神井プールの工事の影響が無ければいいけど、こちらも心配。

で、そのまま赤塚植物園。この時期は端境期で期待していなかったけれども、ホウセンカ、オオバギボウシ、ゲンノショウコ、オオハンゴンソウ、メハジキなどが観察できるよ。絶滅危惧II類のシムラニンジンも。このシムラって、あの板橋区の志村だそうで。

さて、オケラ。以前から、オケラが気になっていたんだけれどれも、花を観察するのは初めて。ちょっとタムラソウに似ていると思ったら、同じキク科。このオケラは白だけど、タムラソウに近いピンクもあるみたい。
語源はウケラ。万葉集に読まれていたというから、日本人にはなじみが深いんだろうね。

そう、アッシもなじみが深いよ。給料日前はいつもオケラ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«オカトラノオ(奈良倉山)