« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/07

ヒメジョオン(野川公園)

ヒメジョオンが咲いていたよ。ハルジオンとの区別がつかないけど…。

0807061222
(2008年07月06日)

梅雨の末期のせいか、天気予報がコロコロ変わる近頃。この日もつい2、3日前までの天気予報だと雨だったのに、実際は曇り。昼間は晴れ間も。

この日の出撃先は野川公園。自然観察園の周りでは、木陰で休む家族連れが多数。広げる弁当が旨そ~。

さて、自然観察園。目立つのはノカンゾウとヤブカンゾウ。園内のあちこちで。あとは、リョウブや前回紹介のハンゲショウ。
夏の花が満開かと思って、勇んできたけど、それほどでもなくガックリ。

で、気を取り直して、よ~く観察してみると、これまたあちこちで、このヒメジョオン。野川公園だけじゃなくて、あちこちに咲いているよね。ほとんど雑草扱いなのかもしれないけど、よ~く見るとすごくキレイ。そして花の精密さにも驚くよね。

ハルジオンとの違い。ハルジオンは春先から咲いている、つぼみが下向き、茎が空洞など。ヒメジョオンは6月以降、つぼみは上向き、茎には髄が…など。ただ、今回は自然観察園の咲いている花の紹介看板で、ヒメジョオンの文字が。これは明らかにヒメジョオンということで同定した訳。ハルジオンは季節的にも終わりだしね。

来年の春は、ハルジオンを同定したいなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/06

ハンゲショウ(石神井公園)

ハンゲショウが咲いていたよ。どこもかしこも七夕飾り。

0807051549
(2008年07月05日)

6月に真夏日が無かった今年の東京。…と思ったら7月4日からいきなり猛暑。四国はすでに梅雨明けで、関東の梅雨明けも近いのかも。今年は例年より早いのかなぁ~。

この日は石神井公園。水辺観察園にはこのところ毎年の七夕飾り。願い事は近隣の小学生のもの。そういえば、アッシの母校のものがあったかどうか、確認するのを忘れたなぁ~。

その水辺観察園では、このハンゲショウが花の盛り。葉の半分が真っ白に化粧するからハンゲショウ?でも、漢字で書くと半夏生。
先週の東御苑でも、田中山憩いの森でも観察できるから、最近は都会でもあちこちで見かけるようになっているのかも。
それでも、ここ数年はこの季節になると必ずハンゲショウを観察して、何度も紹介しようと思っていたのだけれども、この白と緑のコントラストを的確に表現する写真が撮れず、何度もパスしてきた経緯があり、なんとか今回の紹介にこぎつけたよ。

石神井プールも開設され、この七夕飾りを見ると本格的な夏到来。PCのファンがうるさくなってくるし、いろいろな場面で夏が感じられますなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/02

アバカンサス(東京・千代田区)

アバカンサスが咲いていたよ。なんとも涼しげな~。

0806281419
(2008年06月28日)

この日は久しぶりに東御苑に出撃。洞爺湖サミットのテロ対策とかで、東御苑に仮設のテントが建てられ、入苑前に手荷物検査。こんなところでテロ対策も何もないだろうと思うけど…。

平河門から入るとすぐに梅林。梅の実が落ちていて、何となく梅酒の香りが漂う。良い匂い。
苑内では、クコ、オカノトラノオ、ノカンゾウ、ハンゲショウ、ナツツバキ、コムラサキ、タイサンボク、カワラナデシコ、ザクロなどが観察できたよ。

残念なのが、松の芝生が立ち入り禁止だったこと。ちょうど、大奥の有った場所。大河ドラマ「篤姫」の視聴率が好調のようだから、往時を懐かしもうかと思っていたのだけれども、大奥跡も立ち入り禁止。

さて、このアバカンサス。その篤姫が推している一橋家の屋敷跡(平河門の前)に咲いていたよ。ここは人通りも少なく、いつも静か。涼しげに咲いているのが、嬉しいよね。
その凛とした花の立ち方が、大河ドラマ「篤姫」に登場する一橋慶喜をイメージするって言ったら、ちょっと大げさかなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »